☆家計簿の活用方法☆


こんにちは、お金を学ぶ『人生の寺子屋』東京校9・10期生の星乃まつりです。

20代独身女性の代表として、学んだお金のことを発信します。

 

みなさんは、家計簿をつけていますか?

 

先日の記事では、

家計簿をつけることの重要性をお伝えしました。

 

家計簿は、

お金に対する意識を変えるためにも

ぜひ習慣づけしてつけて頂きたいものです。

 

ですが、ただ家計簿をつけるだけでは

活用しきれていると言えません!

 

本当に大切なのは家計簿をつけた後の振り返り。

 

第14回では、「家計簿を活用する方法」についてお伝えします。

 

先日、お金を学ぶ『人生の寺子屋』の授業で

家計簿の作成について学びました。

 

中でも家計簿の活用ポイントだと感じたことは2つあります。

 

1つ目は、固定費の見直しに活用すること。

 

家計簿を毎月つけて見返すと

住宅費、通信費、保険・・・

定期的に出て行くお金が見えてきます。

固定費の無駄を削減すると

長期的かつ大幅に支出を減らすことができます。

 

私は携帯代を格安SIMに見直すことで

月々の支出を6000円減額させました。

 

2つ目は、使い方の見直しに活用すること。

 

家計簿のつけ方は食費や交際費、娯楽費といった

カテゴリ分けすることが主流ですが

お金を学ぶ『人生の寺子屋』では

もう一歩進んで「使い方」の目線で見直しをしています。

 

浪費や空費といった無駄遣いを減らして

将来の自分の為の”投資”へと変えていくことが

お金と上手く付き合えるようになるためのコツです。

 

 

また、家計簿は数字という共通文字になるため

第三者目線で見比べられるようになるのもポイントです。

支出に対して食費の割合が多すぎないか?

住宅にかけすぎていないか?

家計簿があれば他者と比較することで分かります。

 

友達と家計簿を見せ合うのが恥ずかしい方は、

インターネット上でも家計簿を載せている人は多いので

調べて比較するのもオススメです。

 

家計簿はつけるだけでも自制心を持てる効果がありますが、

数字が出来てからの”分析”が本番。

最大限に活用してみましょう!

92年生まれ、関東在住のシステムエンジニア兼ブロガー。

女性の生き方と暮らしの改善を考えるのが好き。

最近はミニマリストに興味をもっています。


タグ: , , , ,

トップ

新書籍


人気の記事紹介

CHECK

和田勉 執筆著書