【なぜ破れないのでしょう?】


今回は、ワークから始めましょう!

 

まず、お財布を出してください。

 

次に、1万円札を1枚出します。

 

 

両手で1万円札の両端を持って

目の前に掲げます。

 

では、私が、

「1.2.3」と合図しますので、

「3」で真ん中から、ビリっと

破ってください。

 

準備はいいですか?

 

1!

2!

3!

・・・・・・・

・・・・・・・

 

どうですか?

 

思い切り破れた!という人は、

なかなかのレベルです(笑)

 

破れたお札は、

ちゃんと銀行へ持って行けば、

交換してもらえますから

ご心配なく。

 

破れない!

破れるわけない!

という人、

おそらく大多数かと思います。

 

では、

なぜ破れないのでしょう?

 

お金を破ろうとした時、

貴方は、

どんな感情が湧きましたか?

 

ホントにいいの?という

「戸惑い」でしたか?

 

無くなっちゃうのでは?という

「不安」でしたか?

 

それとも、

お金を破るなんて悪い事!という

「罪悪感」でしたか?

 

実は、

お金を学ぶ「人生の寺子屋」では、

このお金に対する「感情」を

とても大事にしていて、

 

講義の中で、

何度も何度も取り扱い、

一人ひとりの意識改革を

してもらっています。

 

先ほどのワークで、

貴方も感じていただけたかと

思いますが、

 

お金には、

ただの紙キレだけではない、

何かがあるようです。

 

実際に、

破ろうとした瞬間、

いろんな感情が湧いてきましたね。

 

これは、

お金には、目に見えない

「エネルギー」

があるからなのです。

 

例えば、先ほどの1万円札が、

こども銀行のおもちゃの

100万円札だったら

いかがですか?

 

フィリピンの通貨、

1万ペソだったら?

 

ブータンの通貨、

1万ニュルタムだったら?

 

 

1万円札を破る時と同じ感情は

湧きますか?

 

おそらく湧かないと思います。

 

じゃあ、なぜ同じ感情が湧かない

のでしょう?

円もペソもニュルタムも、

どれも同じお金ですよね?

 

私たちは、無意識にお金の価値を

決めています。

 

「1万円札は高価で大事なもの」

 

日本人なら誰もが持っている

常識でしょう。

 

でも、何かおかしくないですか?

 

1万円札の原価は約20円です。

日本銀行が発行した、

ただの印刷物なんです。

 

じゃあ、

「高価で大事なもの」って

誰に教えられたのでしょう?

 

もしかしたら、

人々をお金の奴隷にしたいと思って

いる誰かに、密かにすり込まれて

いるのかもしれませんよ・・・

 

考えてみてください。

 

高価で大切だと思っているお金

とは一体、何なのか?

 

どうして、お金のために

人を殺したり、

身体をこわしたり、

人生振り回されたりするのか?

 

 

道具として使えば、

とてつもなく大きなエネルギー

となるお金を、

上手く使ってみませんか?

 

お金に振り回されない人生を

選んでみませんか?

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

感謝

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【お金を貯める、増やすために

知っておくべき5つの心得。

お金のことを学べるセミナー】

8月25日(土) 14:00-16:00

○東京会場(茅場町)

https://resast.jp/events/267950

9月18日(火) 19:00-21:00

○東京会場(茅場町)
https://resast.jp/events/270723

9月7日(金)11:30~
第1回金運上昇ランチ会(@名古屋)
https://resast.jp/events/283396

 

セルフインプルーブ代表取締役。メーカー等勤務を経て、独立。

宅建など30以上の資格を有し、不動産投資等を行うほか、

お金を学ぶ「人生の寺子屋」主宰。


タグ: , , , , ,

トップ

新書籍


人気の記事紹介

CHECK

和田勉 執筆著書